液状化被害のリフォーム代金の支払いについて

リフォームをするなら液状化に対応させる。

家も長年住んでいると、とこどどころが悪くなってきます。そうすると家のリフォームをする人も多いようです。家族構成が変われば、間取りの変更をすることもありますし、トイレを和式から洋式にリフォームすることもあります。また、屋根の葺き替えや外壁の塗装をキレイにすることもあるようです。せっかくリフォームをするのであれば、災害に強い家にするのがオススメです。昨年の東日本大震災の影響で、日本各地でさまざまな被害がありました。その中でも、今まであまり気にされていなかった液状化があります。普通地盤は、砂や土、粘土、水などで構成されています。そして、砂や土などがくっついていてその間に水が入っている状態です。普段はバランスよく構成されているので、しっかりとした地盤になっています。
しかし、地震が起きるとこの地盤がゆらされバランスがくずれてしまいます。そうなると、くっついていた砂や土がバラバラになってしまい、水が地表へ出てきてしまいます。これが、液状化とよばれる現象です。液状化が起こった場合、地盤は軟弱になってしまいます。そのため、支える力が弱くなり建物などが傾いてしまいます。しかし、最近では液状化対策のリフォームがあります。土地の地盤改良を行ったり、液状化に強い基礎にすることもできるようになりました。もし、家の建っている場所が昔田んぼや沼のようなところだった場合は、地震で液状化が起こる恐れがあります。ですので、液状化対策のリフォームをしておけば安心して生活ができます。

Copyright (C)2017液状化被害のリフォーム代金の支払いについて.All rights reserved.