液状化被害のリフォーム代金の支払いについて

リフォームの前に液状化対策。

今回の震災で関東地方は液状化の被害が深刻な地域があります、震災での被害を手直しするには、まずは被害にあった地域は液状化対策を施してからリフォームしなければなりません、簡単にリフォームで仕上げようとしてもまた液状化して、地盤が傾いたり陥没してリフォームが無駄になる危険性があるからです。液状化について簡単に説明すると、地震で地盤が泥水が噴き出したような状態になり、地盤が教区タンに軟弱になり建物が傾いたり、最悪ういたりします。液状化が起こるのは砂質の地盤で起こります。通常は砂の粒同士が結合していてその隙間に水が入って安定しているという状態ですが、地震が起こると砂の粒がばらばらになり沈んでいきます、その反動で水分が上昇するといった症状です。埋立地などの地盤が弱いところで起こりますが、自治体の作成した液状化マップと必ずしも今回は一致しませんでした、地震の揺れが長くつずく、長周波地震では予想外の被害が出るそうです。逆に今回液状化しなかった場所は、今回と同程度の地震では液状化はしにくいそうなんです。
今回の震災で、液状化に被害が多かったところは、確実に液状化対策を講じないと、次もまた同じような結果になります。また今回液状化しなかったところは、絶対とはいえませんが、液状化の可能性は低いでしょう。地震で二被害をきっかけにリフォームを考えても、地盤をそのままにしてリフォームを行なうことはしない方がいいと思います。

話題のリフォームについての話はこのサイトをブックマークしましょう☆

Copyright (C)2017液状化被害のリフォーム代金の支払いについて.All rights reserved.