液状化被害のリフォーム代金の支払いについて

液状化した場所はリフォームで修理可能?

昨年の地震による2次災害として、土地の液状化があげられます。特に千葉県のように新興の新しい住宅地が沢山あるような場所で、高級住宅が立ち並ぶエリアであっても、このような土地の液状化がみられ、道路がブヨブヨになってしまっていたり、突然地面に埋まっていたものがニョキッと顔をだしたり、となんとも恐ろしい光景を目にしたものです。これまで考えたこともなかった土地の液状化とは一体どんなものなのでしょうか?土地というのは粘土質と砂質に大別されます。そして液状化が起きるのは砂質の方です。これは砂よりも沢山の水分があふれてくることにより砂が地盤のしまりを緩めてしまう事から起きる現象です。砂質の中に入り込んだ水が、表面上に出てきて、表面がブヨブヨになってしまうわけです。こうなると中々リフォームも大変。
元々、地盤が緩いところに家を建てているのですから、ウォーターベッドの上に家を建てているようなものです。液状化させない為には、粘土質の所に家を建てればいいわけですが、限りある日本の土地ですから、そうそう粘土質ばかり選んではいられません。という事で、液状化した家や道路を何とかリフォームしたいわけですが、これには膨大な金額かかかります。またまだまだ新しい技術をもってリフォームするわけですから、折角リフォームしても、もしかすると、完璧ではない対応策、なのかもしれません。そんなことから、折角リフォームしても資産価値がゼロになってしまう、なんていうこともあるそうです。それでもどうしても液状化をストップさせる施術をしたい、という事でしたら、是非とも最新のリフォーム技術をお試しになってみてください。高額な費用がかかりますが、効果が出ることをお祈りしております。

話題のリフォームについての話はこのサイトをブックマークしましょう☆

Copyright (C)2017液状化被害のリフォーム代金の支払いについて.All rights reserved.